NTT-AT Global WAVE

グローバルプロダクツ商品紹介サイト

NTT-AT

HP TippingPoint IPS

世界で最も評価されるHP TippingPoint IPS 「セキュリティ強化」と、同時に「運用管理コストの削減」を実現!

概要

TippingPoint IPSは、不正侵入の迅速かつ正確な検出、防御能力、高い信頼性により、世界で最も評価されているIPSです。TippingPoint IPSが、セキュリティ担当者の負担軽減、TCO削減、事業継続性のリスク軽減をサポートいたします。

特長

■最新の攻撃、不正侵入を的確に防御

TippingPoint IPSはネットワークの脅威を検知するだけではありません。不正なパケットは直ちにブロックし、ネットワークリソースを常に安全な状態に保ちます。常時監視と緊急対応が必要なIDSと異なりシステム担当者・セキュリティ担当者の稼働が大きく削減されます。

 

■デジタルワクチン

DVLabsにて開発されたセキュリティフィルタは、デジタルワクチンとして、IPSに配信されます。
デジタルワクチンは、単純な脆弱性の悪用だけでなく、1つの脆弱性に対する複数の亜種による攻撃を防ぐように開発されており、ネットワーク性能を損なうことなく、正確な攻撃検知性能を提供します。フィルタは、週1回以上必ず更新(緊急時は随時)され、自動アップデートすることが可能です。

 

■独自のセキュリティ研究機関

DVLabsは、セキュリティ脆弱性の分析や調査、フィルタ開発を専門とするTippingPoint社の調査研究開発機関です。世界的に著名な情報セキュリティ研究者が多数在籍し、また、セキュリティ研究者のコミュニティ(Zero Day Initiative※)などとも連携し、高い分析能力で対策フィルタの作成を迅速に行います。また、SANSのRISKWeekly Reportを主幹するなど、セキュリティの最新情報を提供しています。著名な研究者たちが開発したデジタルワクチンサービスは、ゼロデイアタックの対象となるような公開前の新たな脆弱性の悪用を保護するために、TippingPoint IPSに、セキュリティフィルタを提供しています。

※ZDI(Zero Day Initiative)は、未公表の脆弱性について、早期に独立系セキュリティ研究者の注意を喚起するためのTippingPoint独自のシステムです。世界で1000名以上の研究者が参加しています。

 

■ネットワーク性能の優位性

独自の階層アーキテクチャにより、パケットの検査を高速に実施します。
5Gbpsまでの幅広い帯域に対応し、80μsec未満のスイッチクラスの遅延を実現しています。

 

■不正侵入防御の優位性

幅広い守備範囲DDoS(Syn floods/Connection floods)・VoIP・P2P等に対応。
また、Windows/Unix/Linux他主要なOS/DB等の脆弱性にいち早く対応します。

 

■広範囲にわたるプロトコルインスペクション

IPv6 & IPv4 ペイロードの同時インスペクション
IPv6 & IPv4 による管理機能
トンネルインスペクション 4in6, 6in4, 6in6, IPv6 with VLAN タグ及びMPLS タグ
Mobile IPv4
GRE、GTP(GPRトンネリング)
ジャンボフレーム

 

■導入/運用の容易性

TippingPoint IPSはIPアドレスとMacアドレスを持たないため、インターネットの出入り口だけでなく、コアインフラ防御や、内部ネットワークの防御など、既設のネットワークのどの部分にも容易に導入が可能です。
また、デフォルト推奨設定にてあらかじめ約1,500のフィルタが定義済であり、導入時おける煩わしいチューニングが不要です。さらに、フィルタの自動更新機能により、容易に最新の状態に保つことが可能です。

主な仕様

N-Serise

機種 660N 1400N 2500N 5100N
スループット 750Mbps 1.5Gbps 3.0Gbps 5.0Gbps
レイテンシー < 80μSec
トータルセッション 6,500,000 10,000,000
インター
フェース
10G XFP - 2
1G SFP 10
10/100/1000Base-T 10
サイズ 2U
バイパスモジュール 外付け

 

110/330

機種 110 330
スループット 100Mbps 300Mbps
レイテンシー < 600μSec
トータルセッション 250,000
インターフェース
10/100/1000Base-T
8
サイズ 1U
バイパスモジュール 内蔵

Page Top