NTT-AT Global WAVE

グローバルプロダクツ商品紹介サイト

NTT-AT

セッション・ボーダー・コントローラ/メディアGW等 > 商品情報 > SBC(セッションボーダー・コントローラ) > Dialogic® BorderNet™ Virtualized SBC(セッション・ボーダー・コントローラー)

Dialogic® BorderNet™ Virtualized SBC(セッション・ボーダー・コントローラー)

サービスプロバイダや企業に仮想化による柔軟性とコスト削減をもたらすソフトウェアベースのセッションボーダコントローラ

概要

  • BorderNet Virtualized SBC は仮想環境で使用するソフトウェアSBCのため、柔軟で経済性の高い製品です。
  • ソフトウェアによるメディア変換・処理を備えて、クラウド環境上で動作する数少ないキャリアクラスのSBC製品です。
  • IP網間の相互接続を、類を見ない使いやすさで安全にシームレスに行うことができます。また基幹インフラをより安全にし、サービスデリバリーのコストを減らすことでTCO(total cost of ownership)を低減できます。
  • 社内外のSIPトランキング、ユニファイドコミュニケーション、IP-PBX等のクラウドサービスでご利用できます。
  • SBC機能に加え、ユーザ管理、使いやすい設定メニューで相互接続やSIPのヘッダー編集が簡単に行えます。

特長

  • VMware Hypervisor をサポートする高性能ソフトウェアSBC(KVMおよびXenもサポート予定)
  • 1つのBorderNet Virtualized SBCインスタンスで200セッション/秒、8,000までの同時セッションまでサポート(Release 3.2/Oct 2013より)
  • 仮想化ハイアベイラビリティ(HA)モード
  • ミッションクリティカルなインフラやサービスを保護するためのDoS攻撃からの保護、暗号化、過不可の回避、脅威緩和等のSBC機能
  • メディアを効率よくインターワークするための豊富なコーデックセレクションとPowerMedia™技術に基づくソフトウェアトランスコーディング
  • リアルタイムダッシュボード付きWeb2.0UI、素早く、直観的に利用できる構成・システム管理のためのアラームや分析
  • Amazon Web Service (AWS) 及びAmazon Elastic Compute Colud (EC2)パブリッククラウドフレームワーク
  • 短期間での展開及び実装のためのOpen Virtualization

主な仕様

最新の詳細仕様はデータシート(英文)をご覧下さい。データシートは上記の「データシートダウンロード」から入手できます。

相互接続プロトコル
SIP, H.323, SIP-I/T*Release 3.2
VLAN,IPv4, IPv6, UDP, TCP, RTP, RTCP
IPv4, IPv6, overlapped IP networks
セキュリティl機能
アクセスコントロールリスト
シグナルピンホールメディアファイアーウォール
呼制御/メディアのネットワークトポロジーの隠蔽
暗号化(TLS, IPsec, HTTPS, SSH, SRTPパススルー)
NATトラバーサル
DoS や過負荷防御
レート制限
ダイナミックブラックリスト
メディアセキュリティ機能
悪意のあるRTP検出
パケットレートモニタリイング/制限
動的帯域制御
帯域決定とエンフォースメント
セッションアドミッションコントロール
ライセンス管理
発着信とアグリゲートコールコントロール
セッション率制限(インターフェースレベル毎等)
ルーティング
[シグナリング]
静的ルーティング
SIP Invite/3xx SIP リダイレクトサーバールーティング
SIP メッセージによるルーティング
ポリシー基準ルーティング
ローカルDNS(URIに対するIPアドレスとポートマッピング)
外部DNS経由のルーティング(SRV, A, NAPTR)
ロードバランシングと優先ルーティング
RFC 4904 トランクグループルーティングサポート
マルチテナントルーティングテーブルサポート
緊急サービスコールルーティング
 [メディア]
オプショナルメディア終端
呼制御とメディア上でのVLANの分離
メディアNATトラバーサル
メディアトロンボーニング
QoS
QoSメトリックス(パケット損失、ジッター到着・遅延間隔)
ポリシー強化(DSCPとTOSマーキング)
トラフィック統計(総送出パケット、オクテット)
メディア
音声: G.711, G.722, G.723.1, G.726, G.729a, G.729b, AMR-NB,AMR-WB※, iLBC(サポート予定)
映像: H.263, H.265, MPEG4
Fax: G.711 fax, T.38
トーン: G.711 , SIP INFO, RFC 2833
※ソフトベースのエンコーディング、FAXやトーン相互接続はリリース予定
※AMR-WBをご利用になる場合にはライセンスをご確認ください。
拡張性
最大セッション:200セッション/秒(呼制御とメディア/インスタンス毎)
最大同時セッション:8,000 セッション(インスタンス毎)
アクセス: 64,000 subscribers
VLAN:128
IP アドレス(呼制御とメディア) : 128
SIPインターフェース:64
管理機能
統合webベースマネージメント(https) ダッシュボードと分析
ビジネス、技術レポート(レポートフィルター・マルチフォーマットデータ出力機能)
SNMP トラップ
リアルタイム統計とレポート機能
セッション詳細レコード
ロールベースユーザマネージメント
統合Wireshark パケット/セッショントレース
Northbound API interface based on web technology (SOAP/XML)
バルクプロビジョニング
DialogicR ControlSwitch"! とのシステム統合
統合設定とプロビジョニング
統合警告とアラーム
Unified Call Detail Record (CDR)
エンドtoエンドセッショントレース
EMS プラッフォフォーム管理(BorderNet Virtualized SBC and ControlSwitch System)
インターフェース(仮想化)
呼制御とメディア用: Two(2) 1 Gigabit Ethernet Interfaces
管理用One (1) Gigabit Ethernet
High Availability: One (1) Gigabit Ethernet
仮想化ソフトウェア
VMWare vSphere 5.0  以上
最低ハードウェア要件
2.4 Ghz x86 64-bit processor
4GB RAM
80GB Storage
Four (4) Gigabit Ethernet Interfaces

Page Top