NTT-AT Global WAVE

グローバルプロダクツ商品紹介サイト

NTT-AT

H.323ツールキット

H.323 TV会議で世界的シェアの実績のあるH.323 SDK

概要

SPIRENT H.323ツールキットは、IPネットワーク上でのリアルタイムマルチメディア通信の標準規格であるH.323プロトコルスタックを実装したソフトウェアライブラリです。世界標準規格であるITU-T H.323に準拠し、柔軟性と拡張性を兼ね備えたH.323機能を提供します。
本ツールキットは、組込みデバイスからハイエンドなサーバまで各種H.323アプリケーション開発に利用でき、現在までに、TV会議端末やゲートウェイ、多地点会議装置(MCU:Multipoint Control Unit)、ゲートキーバーなど、全世界の市場で数百種類の製品に採用されています。

特長

◆ IETF以外の国際標準勧告にも対応

IETFのRFC3550/3551をベースとし、OMA(Open Mobile Alliance)のPoCやISMA(Internet Streaming Media Alliance)で要求されるRTP/RTCPの機能をサポートします。

◆ 各種コーデックに対応

H.264/AVCやMPEG-4など主要なRTPのペイロードフォーマットをサポートし、コーデックとのI/Fに対して、非常にシンプルなAPIとコールバックを提供します。

◆ 各種RTCPパケットフォーマットをサポート

RFC3550で定義されている各種RTCPパケットに関して標準でサポートしており、Add-onモジュールを使用することにより、音声品質などの新たなレポートが追加されたRTCP-XR(RTCP-Extended Reports)や、受信端末から送信端末へパケットロスなどをフィードバックするRTCP-Feedbackもサポートすることが可能です。

◆ ハイパフォーマンス

秒間数百のRTP/RTCPセッションを処理することが可能です。

◆ 組込みにも適用可能なライブラリ

独自のメモリ管理により、呼接続毎の少ないメモリ消費を実現し、メモリに制限のある組込みデバイスにも利用できます。

◆ 高い移植性

OS依存部分を局所化し、スタック部分と分離することで、対象プラットフォーム上での安定動作と異なるプラットフォームへのアプリケーションの再利用が可能となります。

◆ 他のプロトコルスタックとの併用が可能

OS依存部分のモジュール(OS抽象化コンポーネント)は、他のSPIRENTツールキット(SIP、H.323、MGCP、MEGACO、RTSP、およびMTF)と共通で使用しているモジュールのため、他のSPIRENTツールキットとシームレスに動作します。

◆ ソースコードの提供

全てソースコード(ANSI C準拠)で提供します。
また、豊富なログ機能(送受信メッセージや各APIの動作、リソース状態などを出力)により、お客様自身でのデバッグ、カスタマイズ、メンテナンスが可能となります。

◆ サンプルアプリケーションをバンドル

お客様によるアプリケーション開発が容易になるよう、実行可能なサンプルアプリケーションを併せて提供します。
また、サンプルアプリケーションもソースコードで提供されるため、お客様のアプリケーションにコードを流用することもできます。

主な仕様

H.323ツールキット
IPv4/IPv6(*1)の両方で動作可能
H.323 Version6並びに各種Annexをサポート:
対応Annex - AnnexD : Real-Time Fax over H.323
AnnexE : UDP Signaling
AnnexK : HTTP-based Service Control
AnnexL : Stimulus Signaling(Tunneled MEGACO Messages)
AnnexM : Tunneling of Telephony Signaling
AnnexO : Usage of H.323 URL and DNS
AnnexQ : FECC(Far End Camera Control)
H.225.0 Version5の全Call Signaling及びRASメッセージをサポート
H.323におけるH.245 Version13のメッセージをすべてサポート
H.323高速接続手順(FastConnect、H.245 Tunneling、H.245 Parallel)をサポート
Q.931マルチプレキシング(一つのTCPポートで同時に複数のQ.931セッションを確立)
Aleternate Gatekeeper手順をサポート
マルチホームホスト
DoS保護メカニズム
H.341MIB
Add-onモジュール
H.245 GEF(Generic Extensibility Framework)Add-onモジュール
H.245のGeneric メッセージ、及び、Genericパラメータ(H.264、MPEG-4、H.239など)に対して、簡易なAPIを提供
H.450 Add-onモジュール
H.460.1~12の付加サービスをサポート
H.460 FW/NAT Traversal Add-onモジュール
H.460.17~19のFW/NAT Traversalをサポート
H.235 Security Add-onモジュール
H.235 Version 2のAnnexesD/E/FのSecurity Profileをサポート
H.350 LDAP Add-onモジュール
LDAPによるリモートデータベースへの検索/更新機能をサポート
ASN.1コンパイラ
各プロトコルのASN.1定義をユーザで変更可能
対応メッセージ Q.931 Call Signaling:
Setup / Setup Acknowledge / Call Proceeding / Alerting / Connect / ReleaseComplete / UserInput /Facility / Progress / Status Inquiry / Status / Information / Notify
RAS:
Gatekeeper Discovery(GRQ/GCF/GRJ)/ Registration(RRQ/RCF/RRJ)/Unregistration(URQ/UCF/URJ)/ Admission(ARQ/ACF/ARJ)/Disengage(DRQ/DCF/DRJ)/ Location(LRQ/LCF/LRJ)/Bandwidth(BRQ/BCF/BRJ)/ Information Request(IRQ)/ InformationRequestResponse(IRR)/ InfoRequestAck(IACK)/InfoRequestNak(INAK)/ Resource Available Indicate(RAI)/Resource Available Confirm(RAC)/ Service Control Indication(SCI)/Service Control Response(SCR)/ Request in Progress(RIP)/non-Standard Message(NSM)/ unknownMessageResponse(XRS)
H.245:
masterSlaveDetermination / terminalCapabilitySet / openLogicalChannel / requestMode / closeLogicalChannel / requestChannelClose / roundTripDelay / maintenanceLoop / conference /communicationMode / miscellaneousCommand / flowControlCommand / encryptionCommand /endSessionCommand / miscellaneousIndication / jitterIndication / h2250MaximumSkewIndication / userInput / functionNotSupported / genericMessage
準拠勧告 ・H.323 - Packet-based multimedia communications systems
・H.225.0 - Call signalling protocols and media stream packetization
・H.245 - Control protocol for multimedia communication
・H.235 - Security for H.323 Systems
・H.239 - Role management
・H.241 - Extended video procedures
・H.249 - Extended User Input Indications
・H.341 - Multimedia management information base
・H.350 - Directory services architecture
・H.450.1 - Generic functional protocol for the support of supplementary
  services in H.323
・H.450.2 - Call transfer supplementary service for H.323
・H.450.3 - Call diversion supplementary service for H.323
・H.450.4 - Call hold supplementary service for H.323
・H.450.5 - Call park and call pickup supplementary services for H.323
・H.450.6 - Call waiting supplementary service for H.323
・H.450.7 - Message waiting indication supplementary service for H.323
・H.450.8 - Name identification supplementary service for H.323
・H.450.9 - Call completion supplementary services for H.323
・H.450.10 - Call offering supplementary services for H.323
・H.450.11 - Call intrusion supplementary service for H.323
・H.450.12 - Common Information Additional Network Feature for H.323
・H.460.6 - Extented Fast Connect(EFC)feature
・H.460.17 - RAS Over TCP
・H.460.18 - Traversal of H.323 signalling across NAT and FW
・H.460.19 - Traversal of H.323 media across NAT and FW
・RFC2833 - RTP Payload for DTMF Digits
サポートOS WindowsXP、WindowsVista、WindowsServer 2003、WindowsServer2008、Windows Mobile、Red Hat Enterprise Linux(AS/ES/WS)、MontaVista Linux、Wind River Linux、VxWorks、Solaris
その他:ポーティングにより移植可能
※詳細なサポート状況につきましては、別途、お問い合わせ下さい

*1)OS、開発環境によりサポート状況が異なります

■ソフトウェア構成

・H.323 Conference Manager

H.323のサブプロトコル(Q.931、RAS、H.245)を隠蔽したハイレベルなAPIを提供。

・H.225.0 RAS&Q.931

H.225.0におけるQ.931の呼制御、並びに、GatekeeperへのRAS機能を提供。

・ H.245 Call Control

H.245メッセージの送受信、並びに、論理チャネル制御を提供。

・ H.341 MIB

H.341MIBの管理機能を提供。

・RTCP

RTCPセッションの管理やRTCPパケットの送受信機能を提供。

・RTP/RTCP

RTP/RTCPパケットの送受信機能を提供。
RADVISIONの別売Advanced RTP/RTCPツールキット等に取替え可能な単独モジュール

・ OS抽象化コンポーネント

上位のモジュールがOSに依存しないようOSサービス(システムコール)を隠蔽したモジュール。
唯一のOS依存モジュール(他のモジュールはOS非依存)

 

■提供物

  1. ソースコード(C言語)
    • ツールキット及び各種Add-onモジュール
    • 各機能毎に分かれた実行可能なサンプルアプリケーション
    • H.323端末として動作可能なGUI付きテストアプリケーション(*2)
  2. ドキュメント
    • プログラマーズガイド
    • APIリファレンスガイド
    • ポーティングガイド
    • トラブルシューティングガイドなど
       

(*2)OS、購入アドオンモジュールにより提供内容が異なります

 

■主な適用製品

◆ H.323 TV会議端末
◆ H.323ソフトフォン
◆ ゲートウェイ(SIP⇔H.323、3G324M⇔H.323、ISDN⇔H.323)
◆ IP-PBX
◆ 多地点会議装置(MCU:Multipoint Control Unit)
◆ IAD
◆ IVR 等

Page Top