NTT-AT Global WAVE

グローバルプロダクツ商品紹介サイト

NTT-AT

通話録音システム| Verint > FAQ > 通話録音システムに関する質問

FAQ

Page Top

Q1:どんな録音回線種別がありますか?
A1

録音回線種別は、アナログ(内線,外線),デジタル内線,ISDN1500,VoIPなど、Verintはさまざまな回線に対応しています。
各々を1台のWindowsオールインワンサーバで録音、長期保存、再生することもできます。

Q2:なぜ録音するのですか
A2

よりよい品質管理に向けて録音が必要です。
(ネガティブからポジティブな導入目的への動き)
近年のコンタクトセンタ構築のトレンドとして、録音装置は従来のトラブル対策から、エージェント(オペレータまたはコミュニケータ)の応対品質の向上や顧客の声を生かして経営改善に利用するなど、ポジティブな価値を生む存在に変わりつつあります。そのため、企業イメージアップを図り積極的に録音装置導入をPRする企業も現れるようになりました。
顧客と企業、そしてオペレータと管理者との絆を高めたいとお考えのコンタクトセンタ構築、運営に、是非ともお勧めしたいのがVerintです。

Q3:CTIと連携できますか
A3

Verintは標準でCTIサーバとの連携機能を装備しています。
AVAYA、Nortel、GENESYSなど代表的なCTIとの連携機能を標準装備しており、連携のための新たな投資や開発を削減できます。

Page Top