NTT-AT Global WAVE

グローバルプロダクツ商品紹介サイト

NTT-AT

BIG-IP® Link Controller

複数のWANリンクのパフォーマンス、健全性をチェックし、トラフィックをインテリジェントにコントロール、WANリンクのパフォーマンスとサイトのアベイラビリティの最大化を実現

概要

BIG-IP Link Controller(以下、BIG-IP LC)は、複数のWAN ISP接続のアベイラビリティおよびパフォーマンスをシームレスに監視し、障害時の自動切換えを含め、サイトへの双方向トラフィックフローをインテリジェントに管理します。
TMOSアーキテクチャを活用して、リンクパフォーマンスを改善しアベイラビリティ機能を高めるほか、柔軟で強力なヘルスチェック機能、包括的なセキュリティ、および操作性の改善というメリットももたらします。

特長

  • 複数のモニタの集約
    複数のモニタを組み合わせて、リンクのヘルスおよびアベイラビリティを迅速かつ正確に判断します。問題が検出されると、BIG-IP LCは、トラフィックを他の利用可能なリンクへ経路変更して、クライアントの接続を保持でき、ダウンタイム・コストを招くことがありません。

 

  • WANリンクのコスト節減のための圧縮モジュール
    オプションの圧縮モジュールを使用すると、インテリジェントにトラフィックを圧縮し、必要な帯域幅を縮小してISPコストを引き下げ、帯域幅のボトルネックを改善してアプリケーションの配信を高速化できます。圧縮エンジンはドキュメントタイプやトラフィックタイプのほか、ラウンドトリップ時間などのネットワーク条件に基づいて柔軟に調整できます。

 

  • リンクのコスト最適化
    BIG-IP LCを使用すると、データセンターへのすべてのトラフィックに対して、最もコストの低い接続を選択できます。ISPの従量課金モデル、半二重または全二重課金をサポートし、異なる接続にわたって帯域幅を最大化し、非効率な帯域幅の利用と関連コストを最小限に抑えながら、帯域幅のボトルネックを解消します。

 

  • TCPパフォーマンスの最適化
    TCPプロトコルの非効率性は、リンクの帯域幅利用に悪影響を及ぼし不要な遅延を引き起こすことがあります。BIG-IP LCは、TCP Express機能によりTCPプロトコルの非効率性を解消し、長距離にわたって帯域を使い切ることで、帯域幅課金を軽減、ダイヤルアップおよびブロードバンド・クライアントに対するエンドツーエンドのパフォーマンスを改善します。

 

  • レートシェーピングの統合
    WANリンク上のアプリケーション・トラフィックを分類し優先順位を定め、より効率的に帯域幅を使用するための強力な機能を提供します。トラフィックおよびアプリケーションごとに消費するリソースのテートを定め、トラフィックタイプの優先順位を決めることができます。WANリンク帯域幅の節約およびアプリケーションの応答時間の改善が促進されます。

 

  • プログラム可能なリンクルーティング - iRules
    BIG-IP LCではTCP/IPパラメータに基づいて、複数のWANリンクでトラフィックをインテリジェントにルーティングできます。iRulesを使用するとさらに、アプリケーション・タイプ、サービス品質、およびクライアントタイプも参考にし、パフォーマンスの最適なリンクにトラフィックを分散でき、アプリケーションのパフォーマンスとクライアントの操作性を改善できます。

 

  • IPv6ゲートウェイ
    IPv6に移行している段階の組織の場合、BIG-IP LCは、システムの総入れ替えを不要としてコスト効率に優れた方法を提供します。BIG-IPLCとオプションのIPv6モジュールを使用すると、IPv6の顧客へアクセスを提供しながら、同時にIPv4サービスを提供でき、ネットワークに負荷をかけずに両者間の変換を行えます。

 

 

F5, F5 Networks, F5のロゴ、及び本文中に記載されている製品名は、米国および他の国におけるF5 Networks, Inc.の商標または登録商標です。

Page Top